横浜ソープ ナイスデイ「ひなた」の「ヒナニウム」

横浜ソープランド
高島遊郭

日本初の鉄道が開通し、
東京(汐留)~横浜(桜木町)が繋がった年…
その線路の傍、
桜木町手前に横浜遊郭は移転しました。

高島遊郭の誕生です !!

吉原遊郭焼失後、
現在の南太田と久保山に
再建の予定がありました。

しかし、当時の南太田は山だらけ。、
二度の焼失を経験した楼主達には、
山々を切り拓く資金が作れなかったそう。
そして久保山は、
お墓と処刑場だったため却下…(汗)

……そりゃそうだよねぇ。


ところがどっこい!!

真っ先に高島町へ楼を完成させた
「岩亀楼」さんは、
吉原遊郭時代から
再建の構想を練っていたようで…


※高島遊郭に建てられた岩亀楼 出典「Hi-Hi」さん

大人気店の威厳を見せつけるかのごとく、
三階建ての時計塔付きの洋館仕様
という豪華な楼閣を建てたのです!

神風楼さんも立派な楼閣を建設しました!


※高島遊郭に建てられた神風楼 出典「Hi-Hi」さん

二大人気店がゴージャスな出で立ちだわ、
遊郭の中を汽車が走るわ、
外国人相手の接客も浸透するわ、
圧倒的広大な敷地面積だわ…

高島遊郭は豪華絢爛
そのものだったのです!


※出典 横浜中央図書館


しかし、汽車が走るコトでマイナス面も露わとなったのです。

汽車から色町が見えるって具合悪!
by.政府

政府さん…マジで?!

移転に移転を重ね続ける横浜遊郭に、
これでもかの一撃!!

そこで期間限定10年間の営業が決まってしまいました。

そして約束の10年が経つと。


使用期限超過のため、
再びの移転、仮設営業、再建を
余儀なくされた横浜遊郭だったのです。

そして。
1881年5月
…高島遊郭の取り壊しが始まったのです。

―――――高島遊郭。

跡地ー横浜市営地下鉄ブルーライン 高島町駅付近

※写真は高島町の一角にある岩亀稲荷 (ヒナニスト様 提供写真)
敷地-約2万坪。
娼楼数-不明確。
総遊女数-不明確。

◆是非覚えて!横浜遊郭キーワード◆

【岩亀稲荷】
実際にお参りをさせて頂きました♪

・遊女の方々の静養所にあり
信仰されていたお稲荷さん。

・岩亀横丁のみなさんが
今も守っていらっしゃる。

・お参りすると婦人系の病気が治ると
言い伝えられている。

とても神秘的な空気を纏う場所です。
長い歴史の中の人々の想いを感じる、
素晴らしいパワースポットでした。

このお稲荷さんを守り継ぐ方々が、
このようなパンフレットを下さいます!


横浜遊郭を語るに外せない、
「岩亀」という名前には深い歴史がある。


その名のつく「岩亀稲荷」という場所は。


横浜遊郭に関わってきた方々の
様々な感情を垣間見れる場所
に思うのです。

ここにお参りに来ていたであろう
遊女さん達は……横浜の未来を
陰から支えていたに違いない。


ご縁あっての数々の発見。
「歴史」と表現するけれど、
ワタシにとっては
新たなる出会となりました。

深く深く感謝申し上げるのです。

<< 吉原遊郭(吉原町遊郭)永真遊郭 >>